天徳工業の強み

低コスト対応

最新鋭設備による工程集約化で
大幅な低コスト化を実現

低価格での材料仕入れや、最新鋭設備による生産性向上により
加工ロスを最小限に抑え、大幅な製造コスト削減を実現

為替や各種材料の市況動向を見ながら、適切なタイミングで材料を大量購買し、仕入価格を低減。また、社内一貫生産体制を確立することでワンストップ対応を実現し、クライアント様の外注管理コストを削減しています。

さらに、最新鋭設備の導入により、工程集約化と生産性向上を推進すると共に、材料ロスを限りなくゼロに近づける加工方法を選択することで、材料コスト・加工コスト・時間コストを大幅に削減。大手建材メーカー様・土木資材メーカー様が求める、低コストでの製品製造を実現しています。

最新鋭設備の導入により
工程集約化を図り、コスト削減を実現

1台4役をこなすDAITO製・最新高機能ドリルバンドソーDB3C5030の導入により、形鋼の切断・穴あけ工程を集約化。さらに、オプションの自動給材装置搭載による省力化運転を行うなど、大幅なコスト削減を実現しています。

天徳工業の強み

鉄板1枚まで低コスト化を追求
材料の大量発注により仕入コストを削減

鋼板1枚にまで低コスト化を追求。複数の材料メーカーから最適な仕入先を選択、母材の大量発注による価格交渉を行うなど、仕入コストの大幅削減を実現しています。また、定尺材料から加工可能な高精度シャーリング設備の導入により、最大級の5×10版(3048×1524mm)鉄板に、歩留まりを考慮した板金設計を実施し、材料取りロスも大幅に削減しています。

ワークに適した加工方法の選択により
あらゆる加工ロスを徹底削減

各種土木・建築金物のさまざまな加工方法の中から、目的とするワークに最適なマシンを選択。加工ロスを極限まで抑制できる、最もコストパフォーマンスに優れた加工方法を選択します。また、加工機のオペレーション中にも適宜微調整を行い、可能な限り材料ロスを削減することで、さらなる低コスト化を実現しています。

低コスト化への取組み

大量生産に最適な「ライン生産」方式の採用により
さらなる低コスト化を追求しています。

天徳工業では、大量生産に最適なライン生産方式を採用。要素作業それぞれに特化した人員を配置することで、生産効率をアップ。さらに、全技術者が継続的にPDCAサイクルを実行することで業務フローを改善し、さらなる低コスト化を追求しています。

各種製造依頼及び業務サービスに関するご相談・お問合せはこちら

各種製造依頼及び業務サービスに関するご相談・ご質問につきましては、下記ダイヤルまで、お気軽にお問い合わせください。

天徳工業 総合お問合せダイヤル

072-943-0093 受付時間:平日9:00~17:00(土・日・祝日を除く)